MENU

更年期の時期に注意しないといけないこと

更年期の時期というのは、どうしてもストレスを強く感じやすく、このストレスが溜まっている人ほど、更年期障害と呼ばれるほど強く不快な症状を感じると言われています。できれば、更年期の時期には、ストレスを上手に解消し、ため込まないことというのがとても大切になってくるんです。ストレスというのは、自分にとって不快に感じる刺激になってきます。なんとなく疲れたなと感じる事が多かったり、悲しいと感じる事が多い、苦しいと感じる音が多い、痛みを感じる事が多いと言ったように、自分にとっていやなこと、不快なことはすべてストレスになります。ですが、ストレスをまったく感じないようにするなんていうことは無理ですよね?実はストレスの中でも、精神的な苦痛によって感じるストレスに関しては、できるだけ注意しが方がいいんです。精神的なストレスは、セロトニンという幸福物質の働きを抑制する為、どうしてもやる気が起きなくなったり、うつ症状などを引き起こすと言われています。心が不安定になってしまうため、更年期障害をより重いものにしてしまうんですよ。できるだけ、精神的なストレスは溜めこまないように注意しましょう。

更年期障害を最小限にする生活習慣

更年期障害を出来るだけ最小限に抑えたい場合には、やはり生活習慣を一度見直してみてはどうでしょうか?基本としては、夜はなるべく早く眠り、朝は日が出てくる頃にはちゃんと起きるという生活習慣を確立することが、実は大切なんです。人の身体の中にある時計は、実は25時間周期になっているそうです。ですが、一日は24時間ですよね?ここにギャップがあります。朝日を浴びることで、実は一度体内時計がリセットされることになるので、朝日を浴びるということはとても大切なんです。朝日が出てくる時間に起きるためには、やはり早めに就寝をしなければ難しいですよね。夜に早めに眠るためには、就寝前にぬるめのお湯にゆっくりとつかり、まずは体温を上げます。その後、テレビやスマホ、パソコンと言った脳を活性化させてしまうようなものを使わず、少し照明を落とした部屋でゆったりと過ごしてみましょう。実はこの時には交感神経が休み、眠りを誘う副交感神経が優位になってよい睡眠に入ることが出来るんです。リラックスできる時間があれば、実は女性ホルモンの分泌も起こり、更年期障害と呼ばれる原因が改善するんですよ。

更年期障害になりやすい体質と時期

更年期を向た人が、すべて更年期障害になるということはありません。だいたい更年期独特の症状に悩む人は、全体の9割に上っていますが、そのうち、障害と言われるくらい症状が重いものになる方は、だいたい全体の2〜3割程度と言われているんです。では、どのような人が障害と言われるくらい症状が重くなるのでしょうか?1つはストレスを抱えている人です。怪我や病気、そして災難など精神的に厳しい状態を生き抜いてきた人は、心身ともに疲れがたまった状態が続いているために、更年期障害になることがあります。比較的まじめな方も実は、更年期障害になりやすいんです。例えば、約束した時間がある場合、必ず守るという人なのか、少しくらい遅れちゃっても問題がないかなと感じる人でしょうか?何が何でも約束は守らなければならないし、人が遅れることは絶対に許せないといったような方は、どうしても本人が気が付かないだけでストレスが溜まりやすくなるんですよね。結果的にはストレスが溜まり、上手くストレスを解消することが出来ない人は、更年期障害にはなりやすいんですよね。更年期というのは閉経前後になりますので、だいたい40代〜50代に多くなってきますよね。