更年期 手足の冷え

MENU

更年期と手足の冷え

更年期になると手足の冷えが起きることがあります。更年期になると、顔がカーッとほてったり、汗が出ることがよくあります。ホットフラッシュというのは、更年期特有の症状になります。そう考えると更年期と冷えは関係ないように思うかもしれませんが、そうではありません。体の冷えは、血行が悪くなっていることも一因しています。更年期の頃は、子宮や卵巣、膀胱の機能が衰え、それらに関係するホルモン系、自律神経系、免疫系などの機能も乱れます。手足の冷えは、エストロゲンの分泌量の低下や、自律神経のバランスの乱れで起こります。心臓に近い血管は拡張ぎみになりますが、指先や足先の血管は縮小するので血行が悪くなります。こうした現象は、加齢によって基礎代謝が低下し、熱をつくるパワーが不足していることでも起こります。更年期の症状として、上半身は熱いのに下半身は冷えるのは、こうした要因が原因になっています。更年期で手足の冷えを感じたときは、毎日の生活の中で冷えを改善し、体を温める必要があります。おすすめは半身浴で、血管が拡張して血流がよくなります。