MENU

更年期のころの尿トラブルの現状

更年期のころの尿トラブルの現状はどのようなっているのかというと、更年期に入ると、腹圧性尿失禁になりやすいです。膀胱が圧迫され、尿道がしっかり閉じられないことで起こる症状です。この症状は、更年期になるとなりやすく、加齢による筋力の低下が原因です。膀胱と尿道を支える骨盤底の不具合が起こり、それに加齢による衰えが加わるので、症状が顕著になってきます。更年期になると、膀胱や尿道の蓄尿、排出機能をコントロールする神経系の働きに影響を及ぼすことから、尿トラブルが起こりやすくなります。基本的に、おしっこのトラブルは年齢を重ねるごとに増えてくるもので、更年期になると、尿意をトイレまで我慢できなくなる切迫性尿失禁も増えてきます。女性ホルモンと尿もれは深くかかわっています。更年期のころには、女性のからだは大きく変化します。女性ホルモンの分泌が減少するので、そのことで膣や尿道の血液量も減少します。新陳代謝も低下するので、閉経後、膣や尿道に雑菌が増えて炎症を起こしやすくなり、尿トラブルを誘発することになります。