MENU

更年期の口の渇き

更年期の口の渇きは、よくある症状です。更年期になると、毎日気持ちが落ち込んで、何をするのも面倒になります。いきなりカーッと身体が熱を持って火照ったり、汗をかいたり、イライラします。そして毎日身体が重くなり、口が渇いてきます。

 

更年期の口の渇きは、ドライマウスという症状になります。
口の中は、いつも唾液が出て潤っている状態が正常です。しかし更年期になると睡液の分泌量が減少し、口が渇きます。この状態こそがドライマウスで、口の中が乾くと歯と舌などがこすれて小さな傷ができます。睡液が少なくなるので、食べ物が飲み込みにくくなり、発音もしにくくなります

 

睡液が少なくなると、食べ物の味もわかりづらくなり、何を食べてもおいしくなくなります。更年期の口の渇きは、このように、日常生活の中でさまざまな支障をきたすことになります。睡液には、口の中の抗菌作用、自浄作用があるので、更年期で口の中が渇くようになると、口臭がひどくなったり、虫歯や歯周病にもかかりやすくなってしまいます。更年期は、女性ホルモンの分泌が低下するので、ドライマウスになりやすく、口の中が乾きやすくなります。

 

 

 

 

更年期女性のドライマウスが増えてます

ドライマウスの原因は様々ですので更年期障害だけが原因ではありませんが、更年期世代の女性のドライマウスが増えています。NHKの人気番組、あさイチでもドライマウスの特集を行ったくらいです。

 

ドライマウスは生活の質を低下させてしまうとも言われいています。
ドライマウスは、口の渇き、口臭、歯周病、口内炎などの原因となるばかりか、風邪、感染症など全身の病気にかかりやすくなる可能性が高まり、QOL(生活の質)を低下させてしまう大きな原因だと言います。

 

口腔内の乾燥に起因する症状としては、軽症のころは、「口のネバツキ」「パサついて食べ物が飲み込みにくい」「歯垢(プラーク)の増加」「口臭」などがあげられますが、徐々に重症化していくことで厄介な症状でもあります。

 

自然とドライマウスになりやすい更年期世代はしっかり予防する必要があります。
口の中を生活にしておくことや、生活習慣を正すことが大事になってきます。最も簡単に行える方法は「うがい」です。特に口の中が粘つく人は小まめにうがいをして口内の清潔を心がけます。そして、水分もとり唾液の量を増やしていきます。

 

そしてもう一つのおすすめは、更年期世代が自分で分かっていても出来ていない軽運動です。
いきなり頑張ろうとしても無理もあるので、夜寝る前のストレッチ習慣を付けることから始めていくといいと思います。

 

口の渇きで有効的だった対処法

更年期の口の渇きに漢方薬がいいといいますが、どちらにしても水分不足を補う必要はあります。

 

私の場合は仕事に行き始めてから口の粘着きが気になるようになりました。そして更年期も終盤に近付き、口の中が苦いと感じることもありました。仕事は飲食ですが、結構ブラックぽいです。そして人が少ない状況での仕事ですので、トイレに行きたくても行けなくて、水分も補給できていない状態です。仕事に出る前は家に居たので、毎日2リットルくらいは水分補給できていました。

 

明らかに水分不足やストレスが原因なのかな〜と思えるので、休日は今までの様に2リットル近くの水分補給をするようにしました。仕事先でも暇を見つけては水分補給、手が空けばトイレというようにしてみました。これだけでかなり改善されてきました。そして小まめな水分補給以外にも更年期サプリも飲んでいます。サプリの影響もあるのかな?と思ったりもします。

 

管理人のサプリ体験談

 

 

更年期は誰でもくるものですが、更年期を元気で過ごせる人、辛い症状に悩まされる人がいます。40代後半から50代前半の更年期世代を少しでも健康で元気に過ごすための更年期サプリを紹介しています。更年期症状に悩まされているのでしたらサプリの活用も考えてみましょう。

更年期のめまいにおすすめのサプリ