MENU

更年期は倦怠感が起こりやすい

更年期は倦怠感が起こりやすいので注意が必要です。更年期になると、体だるくなり、どうしても倦怠感が出てきます。更年期になると、女性ホルモンを分泌する卵巣の働きが衰えてきます。女性ホルモンが欠乏してくるので、様々な症状が出てきます。中でも顕著なのが倦怠感で、女性ホルモンの急激な減少により起きます。ひどくなると、仕事や家庭の日常生活にも支障をきたしてしまうこともあります。更年期になると、いつもイライラして怒りっぽくなったりします。急に不安な気持ちになったり、寝つきが悪くなることもあります。他にも、顔がほてって汗をよくかくようになり、動機や息切れ、めまい、頭痛、吐き気などの症状が出てきます。更年期は倦怠感が起こりやすく、多くの女性は倦怠感を感じています。ホルモン分泌の急激な減少や自律神経の変調をきたす更年期は、倦怠感が起こりやすく、程度には個人差がありますが、特に忙しいわけでもないのにすぐに疲れてしまったりします。1日の疲れがなかなか取れなくなるので、それが倦怠感へとつながり、結果的に何もする気力が起きなくなります。

更年期は憂鬱や不安感との戦いでもあります

更年期になると、憂鬱や不安感に苛まれることになり、そうした症状と日々、戦わなくてはならなくなります。更年期に入ると、突然、憂鬱感が襲ってきて何も手につかなくなります。何のために生きているのだろうというむなしい感情が湧き起こってきて、日々生活していくのが不安になります。しばらくすると楽になる場合もあるのですが、行動力の低下や不安感に見舞われることがよくあります。更年期は身体と精神に様々な影響を及ぼすことになります。更年期になると倦怠感が出てきて、気力も体力も落ちてしまいます。それを自分で自覚することになり、焦ったり、落ち込んだりします。そうすると余計に疲れを招くことになり、憂鬱や不安感を覚えることになります。更年期は憂鬱や不安感との戦いでもあるので、この時期はそういうものなのだと割り切ることが大事です。くれぐれも無理をしないで、毎日を過ごすようにすることです。自分でできる対策としては、生活のリズムを整えることが大事で、充分な睡眠を確保することです。決まった時間に寝て、起きるようにし、適度な運動を取り入れて、ストレスを溜め込まないようにしましょう。