更年期障害 対処法

MENU

更年期障害だと感じた時の対処法

更年期障害かもしれない。と思ったときには、一体皆さんどうしているのでしょうか?更年期障害と言われるくらい症状が重い場合には、病院に行った方が良いと言われていますよね。ですが、実は更年期障害と呼ばれるくらい不快な症状が出ていたとしても、25%程度の人しか、実は病院を受診していないと言われています。では、他の人はどうしているのでしょうか?一つはサプリメントを利用しているという対処法があげられます。更年期障害は女性ホルモンの分泌が減少することで起こるという仕組みを知っている方も多く、植物性女性ホルモンと言われているイソフラボンなどをサプリメントなどで取り入れている人もいますよね。最近ではマカなども、更年期障害の症状の緩和に良いということで、利用しているという人は多くなっています。サプリメントではなく、ドラックストアなどで販売されている飲み薬を利移用しているという方もいます。もちろん、このような市販されているサプリメントや飲み薬などで症状が改善される方もいますが、症状の緩和がみられない方もいます。このような時には、ぜひ病院を受診することをお勧めしますよ。

更年期障害だと感じた時の生活習慣

最近どうも何をする気力も起きず、ふとした時に汗が出てきたり、顔が急に火照ってしまう。といった更年期障害の症状が出てきた場合、もしかしたら生活習慣の乱れが原因になっているのかもしれません。更年期障害の多くの症状は、自律神経が乱れることで起こります。起きている時には優位に働くはずの交感神経が、目が覚めている状態なのに優位にならず、副交感神経が優位になってしまっている。逆に、夜眠ろうとしているのに、交感神経が優位になってしまって眠れない。そんな日が続くと、どうしても身体の調子もおかしくなってしまいますよね。では、この自律神経の乱れというのは、一体どうして起こるのでしょうか。例えば、夜寝る前にスマホをいじっていたり、パソコンなどをじっと見ている。ということはありませんか?実はこのスマホやパソコンは、脳を活性化させ交感神経を優位にさせてしまいます。その結果、眠りたくても眠れない状態になり、睡眠不足になってしまいます。朝この睡眠不足の状態で目覚めなければならないと、交感神経を優位にすることが出来ずに副交感神経が優位になり、やる気が起こらない。眠たいといった症状につながるんですよね。