エクオール サプリメント

MENU

エクオールはサプリで補給するのがおすすめ

エクオールサプリは今まで漢方薬や様々な更年期サプリでも効果が感じられなかった女性たちにも有効だとされていることから、更年期=エクオールといった感じで浸透し始めています。

 

エクオールの働きとしては、エストロゲンと似たような作用を持っているので、女性ホルモンに似た働きをする代謝物となります。

 

エクオールは大豆イソフラボン由来の成分で、腸内細菌と反応して生まれる成分となります。 エクオールが体内から不足すると更年期障害の症状が重くなったり、肌のシワ、たるみが目立つようになるとも言われていることから、更年期で悩む女性たちに人気なのがエクオールサプリとなります。

 

エクオールは人以外の動物では全ての動物が産生されると言われているのですが、人においては、エクオールを産生ができる人とできない人がいることが分かってきています。日本人では2人に1人だと言われています。そのため、エクオールが生成されるのかされないのか判断するソイチェック等といった検査薬まであります。ですが、検査してエクオールが作れるのか作れないのかを調べなくても、エクオールサプリで補給すれば誰もが体内に取り入れることが出来ることから、最近ではエクオールサプリが人気となってきています。

 

エクオールサプリを飲むことで確実に体内にエクオールを取り入れることが出来ます。

 

エクオールサプリの詳細を確認

 

 

 

エクオールサプリ以外で体内で作る方法

エクオールサプリを飲むことなくエクオールを体内で作ることも出来ます。
ですが、先ほども述べた様にエクオールが作れる人、作れない人がいます。その違いは、大豆からエクオールに代謝できる腸内細菌を持っているかいないかになります。

 

この違いは食生活の違いではないのかと考えられています。
子供の頃から食が欧米化になっていて、あまり大豆や発酵食品を摂取してこかなったからだとも考えられています。

 

それでも、できることならエクオールサプリを飲むのではなく食品から生成したいと思うのでしたら食生活を考えてみることとなります。

 

まずエクオールを生成するために腸内環境を整える必要があります。悪玉菌が多い腸内から善玉菌が良く働く腸内に変えて行かなければなりません。納豆や糠漬け、キムチなどの発酵食品、ネギ、ゴボウ、バナナなどのオリゴ糖、食物繊維などを多く摂取して腸内環境を整えていきます。食事は、和食中心の食生活に改善してみましょう。

 

そして、エクオールを生成するという食品を食べます。大豆は豆腐や納豆などの大豆食品や、味噌や醤油に含まれています。
煮豆、納豆、醤油、きなこ、豆乳、味噌、湯葉、豆腐、油揚げ、おから、がんもと大豆からできている加工品は色々あります。これらと食物繊維や乳酸菌などを組み合わせて和食中心の食生活に変えていくことで、腸内環境を変えらえれエクオールの生成も出来るようになります。

 

 

ですが、自力でエクオールを生成するのは難しいことでもあります。

毎日必要な量のエクオールを自力で生成するのは難しい

エクオールを摂取することで更年期に悩む女性たちにいい効果が表れると言います。
体内でエクオールが作れる人でも常に維持するのは難しいことです。

 

ゆらぎ期女性の健康と美容にエクオールのチカラを生かすには1日あたり10mg相当のエクオールが必要だと言われています。10mgを生成するにはどれくらいの量の大豆製品を食べればいいの?という疑問に至ります。また、エクオールの材料となる大豆イソフラボンは、体内にずっととどまることができませんので、エクオールの作り置きもできません。

 

そうなると、毎日大豆製品を食べ続けることになります。
まあ、毎日ではなくても頻繁に大豆製品を摂取していくことは必要となります。一番、簡単に摂取する方法として毎日、健康のために豆乳を飲むことなのかな?とは思っています。

 

とはいえ、女性は子育ての悩み、人間関係の悩み、忙しい毎日などでストレスも多く抱えます。とくに更年期女性の抱える悩み量はかなり多いです。その中で、必要な量のエクオールを作ることは難しいと思います。ですから、体調の異変を感じたり、気分がのらないような毎日が増えてきたなら、食生活を正しつつもエクオールサプリなどを利用していくことがいいのかと考えます。

 

エクオールサプリを利用することで、しっかりエクオールを補給することができまからね。

 

 

おすすめのエクオールサプリエクオール+ラクトビオン酸の詳細